愛し沼の底

歪みかわいいコレクション

神なるもののオナニーを軒下から眺めていたい

私にとっての神様とは何なのだ。恋心の矛先であり、憧れの捌け口であり、絶望的に玉砕したものの、未だになりたい姿だったのかもしれない。神は生まれつきの素質などに多少めぐまれながら、それでも自分のことを決して優れているなどとは思わない。

 

裏切り、絶望。虚しさが影となり、浮き彫りに晒されるのは輝きだ。目を刺す、稲妻のような嵐のような、針のような鋭さ。暗闇の理由が、せめて寂しさだったのなら優しい人の声がその魂を慰める。しかし、神の絶望は虚無に起因する。酸欠を意識化することによって、天地創造を成す箱庭職人。彼らは、いつまでも一人で自分を穴埋めしている。そのことでしか埋まらない、まっしろな空洞に怒りを燃やす。

 

対して、寂しいものの空洞は黒い水玉みたいにポカリ、ポカリと都度払いである。確信的に実在する空腹に嘆いている。だが、ああ、虚しさはうず高く積み上げられて決壊する。不安は張り詰めていく風船を眺めるように、落ち着きを奪い去る。

 

そんな風に生きていくのは、もがけどもコップの外にいけない蠅の王さまのように見える。悲しいと言うにはあまりにエモーショナルに傾いた、他人事。私はそんな風にならなくて良かった。あまりにも違いすぎる。だから、幸せかもしれない。おそらく、幸福なのだろうと、流れ着いたのはセーフティゾーンという垣根だ。崇めながらも冷静に差別し、いよいよ輝きのない視界にこうこうと輝ける神。代理的受難のただなかの犠牲。身を寄せ合ったにすぎぬ、暗がりの温もりに足りないものを、閉じ込めるようにして評価を下さずにいられない。

 

この貧しく土臭い世界という檻で、一生をオナニーで終わる。それを評価するのは、ただ本当に関わりない人々の偏見でしかない。知ってか知らずか、どちらでも良いのか。いや、神は泳ぎ続けなければ息が出来ないのだから、ただそれをするだけ。いつか殺してくれと不干渉に呪い続け、出来上がった楽園は美しいのだ。只人は、普通という心地よさに居座りたい狡さで、なるべくずっと生きながらえていてくれなければ困る現人神を視姦する。