愛し沼の底

歪みかわいい集め

人の悲しみをお前の悲しみで測ってくれるなよ

心が疲れてしまったときに、人は部屋の片づけをすれば良いだとか、自分の動き方に問題があるだとか、自由に、口々に物を言う。けれど、それが何のためになろうか。金を寄越してくれるわけでもあるまいし、慰めに寄り添ってくれるわけでもあるまい。そして、何かをしてくれることを望んでいるわけでもない。

 

悲しみが不十分だから更に深く奥底で十分に悲しむために悲しんでいるのだ。膝をかかえて悲しみつくして人生を終えてしまうのなら、それはそれでその人の人生。人生を溝に捨てる自由がある。もちろん歯を食いしばって血の涙を流しながら這いつくばるのも、個人の自由だ。しかし一方でその悲しみには何の意味もない。自分自身で意味があったのだと認めやらない限り「今まで無駄にしてきた時間を取り戻そう」と自己啓発セミナーで言われてしまう程度のものだ。悲しみに価値はない。しかし、喜びに使った時間も悲しみに使った時間も、人が生きていくうちで消費することには違いはないのに、悲しみばかり価値がないと言われる。生き急ぎ、思い悩み、嘆く。とはいえ、その嘆きすら意味があると見なしさえすれば意味のあるものになり、そうでなければ役に立たないゴミである。

 

人は自分がなぜこんなにも悲しいのだろうと思うことはあれど、なぜこんなにも楽しいのだろうと疑問に持ち不安になることはない。それはとても幸せの基準が明白で美しいと思う。私の場合、どうしようもなく、朝から晩まで喜びで満ち溢れて、体が振り回されている日がある。吐くまで食べたい、何もなくなるまで買いたい。衝動が第一で、理性はその下に押しつぶされてしまう。そして、なぜこんなにも悲しいか思い悩まなくていい幸福がある。自分の悲しみの理由だけを考え抜いて生きているものだから、ただ悲しむことに専念していられるのだ。

 

沈黙も騒がしさもその人だけのものだ。ところが世の中には沈黙すら私だけのものにしてくれない、おせっかいが。口先ばかりのおせっかいが。はたまた自分はこんなにも頑張っているのに不平等だと嘆くお可哀想な人が、この世には沢山いる。嘆くことを許されないことをまた嘆けばよい。嘆くことに関して人生はきりがない。嘆くために我々は生きることを許されている。

 

そうだ。嘆き悲しむことは、気持ちが良い。そうでなければ何故あんなにも涙が熱く塩気のあるように出来ているか。汗や涙を流す、嘔吐する、排泄する。よどみ、濁りを体の外に押しやる。まき散らす。よろこび。自分だけにしかわからない御大層で高尚な悩みを胸の中にしんしんと降り積もらせ、痛みの中に身を横たえる。すべて流されて出ていくものたちを、押しとどめる。幸せ。

 

不自由をよろこぶ自由と、自由を嘆く不自由の、その二つの心を動かすものだけを、私は抱きしめていたいのだ。ああ今日もうれしいとかなしいが手をつないで同じところを楽しそうに回り続けている。一秒に三回も気持ちが変わる。心が動く。人間が美しい。人間は醜い。これだから人間はやめられない。