読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛し沼の底

歪みかわいい集め

マンディアルグ「仔羊の血」~あたしは血まみれの子羊よ

マルスリーヌ・カインは被虐の少女として至高だ。アルグの物語には心理描写がない。ただ淡々と残酷な現実が波のように押し迫ってくる。

 

『ピンク色の子羊さん、青い子羊さん、あたしの護衛になってちょうだい……大きな赤い子羊さん……あたしを助けて……青白い子羊さん、疫病みたいな黄色い子羊さん、あなたの毒をあたしに注いで……あたしを殺して』

 

マルスリーヌは識別のために塗られていた塗料を、いまわのおめかしのように思っていた。マルスリーヌは男に凌辱されながらかわいそうな羊たちに呻き嘆く。本、それ自体からまるで絵のように放射される空気を感じるのが、アルグの文章だ。

 

あらすじ

マルスリーヌ・カイン。いうなれば灰と、砂と、血を混ぜ合わせたような女だった』

マルスリーヌは唯一の友人だったウサギを親から子羊の肉として食べさせられ自暴自棄になる。夜には家畜小屋で黒人の屠畜屋に羊の群れの上で陵辱された。その後、男が首をつり死ぬのを眺め、彼に罪を被せ両親を殺害。そしてマルスリーヌは引き取られた修道院で語る。

「あたしは血まみれの子羊よ」

孤児たちは彼女の毛皮と流血の素晴らしい物語に耳を傾けるのであった。

 

はっきり言って良いすけべ本で、羊小屋で羊にのせられて虱の痒さに尿を漏らすという図はすさまじく劣情を湧きたててくれる。良いものだ。さておき、「子羊の血」の素晴らしいところはマルスリーヌの少女と女の間の危うさの魅力というのが大半をしめているが、それと対となる男の動物と人間の境目の鋭い魅力についても語るべきだろう。生き物の皮をはぐ仕事というのは生き物を丸裸にして野ざらしにする荒っぽい野生味がある。あまりに動物的な人間による動物的な行為。それまでマルスリーヌがウサギの皮膚越しに感じていた温かさを沸騰させたような圧倒的生と性の濁流を男は持っている。

 

マルスリーヌが大人になるために必要な残酷が受難の数々である。少女が大人になるためには血と傷みが必要だ。そもそも、マルスリーヌにウサギを食べさせた両親の思惑というのは、いい歳にもなってウサギにだけ興味を持っているマルスリーヌを成長させようとしたことだ。マルスリーヌは確かに大人になったのだろう。さなぎが蝶になるようにどろどろの塊から羽化したのだろう。一度、自らの境界を超える必要があった。そのためにマルスリーヌは自分で血を流す道を選んだのだ。もう誰にも頼らない決意をして、汚らわしさを抱えて生きていくマルスリーヌは美しい。

 

マンディアルグ「仔羊の血」黒い美術館より